ハーブバスHerb bath

ハーブバス

(バラの湯¥315/2ケ・・・香り付き塩入り)

● ハーブ療法
バラの湯ソルト

■原産国: イタリア・パキスタン

■原材料内容:岩塩・ローズレッド・ローズオイル

■バラの湯ソルトについて・・・・

お肌の引き締めや発刊作用のあるソルトと天然ハーブをブレンド。さらにオイルも配合しているので
香りが一段と際立ちます。刻みハーブをメキシコキューブ岩塩にブレンドし100%ナチュラルオイルを
香りづけしました。ハーブの湯ソルトは香りがとても良く、疲れた身体も癒され、リフレッシュします。
バスタブにお湯を沸かす前から1袋いれ充分揉んで成分をお湯にしみだしておつかいください。頑張った
日や嬉しい日、悲しい日には、心も癒されるバスタイムを。洗面器の熱めのお湯にハーブの湯を1袋いれ
足浴や手浴にもご利用ください。別売のオイルを数的垂らしてバスタブにはいれば入浴が更に楽しくな
り、バスソルトを併用すればお風呂で60分のセルフエステができちゃうかも!

岩塩・・・海底が地殻変動のため隆起するなどして海水が陸上に閉じ込められ、水分が蒸発して濃縮さ
れた結果、塩分が結晶化、更に地層中で圧縮されたものである。通常無色か白色に近い淡い
色をしているが、ヒマラヤで産出する濃い紫色をしたルビーソルトや、アンデス山脈で産出
するピンク色のローズソルトなども知られる。(Wikipedia)

数年前、塩マッサージがブームになりました。今も、塩のエステは健在で、リゾートで塩水浴、温泉に
塩をおく、なども行なわれ、塩の入った入浴剤や化粧品もあります。塩マッサージや塩浴に関する記事
や本がたくさん出ていますが、どの程度本当なのでしょうか。

塩浴の温熱効果

 塩の入った温泉は「熱の湯」といわれます。ポカポカ暖まる、湯冷めしない、抹消血管の血流が良く
なる、などの効用があります。塩浴後の体温変化を見ると普通のお湯に入るのに比べて体温の低下が遅く、
抹消血管の血流が良くなる結果を図に示しました。これは家庭用の風呂180リットルに大匙3倍(0.01%)
で効果があることがわかります。
冷え性、肩こり、腰痛などには効果があります。末端血流の改善効果から、抜け毛が減る、痔に効果が
あるなどもいわれますが、試してみる価値はあります。ただしあまり大きな期待をしないで下さい。自
然塩でないといけないという宣伝をよく見かけますが、どの塩でも効果は同じです。
濃い塩水では効果が大きいかという点は疑問です。死海のイメージのせいか非常の濃い塩水を使う例も
あります。塩分濃度は、食塩泉0.1%以上、海水約3%、死海平均25%です。(塩の情報室より)

自然塩に含まれるミネラルは殺菌作用があり、脂肪代謝、新陳代謝を高める働きが。健康にも美容にも
効果があるので、是非おススメ。

バラ(ローズレッド)・・・学名: Rosa
科名:バラ科
自生地:アジア
主に落葉性でとげのある茎と9枚以内の小葉からなる複葉をつけ、夏に芳香のある花を咲かせ、秋には実
をつけます。 甘く魅力的な香りと美しさをもち「花の女王」と讃えられるローズは、世界中に2万種を
超える品種があるといわれますが、ヨーロッパに古くからある原種は5種でガリカ種、モスカータ種、ダ
マスケーナ種、アルバ種、ケンティフォリア種があげられます。かのクレオパトラは永遠の美と若さを保
つため、毎日バラの花びらを、あふれるほど浴槽に浮かべて入浴したそうです。そして、クレオパトラが
バラをまき散らした寝所へシーザーを招いたことは有名で、バラの寝所は大切な客を迎えた時の最高のも
てなしであったようです。それにアントニーと出会ったときも、バラを敷きつめた中だったといわれています。

<効能>ビタミンB・F・Kそして特にCが豊富で、肝臓や胃腸の疲れ、便秘にも効果があるといわれ、甘く
上品で繊細な香りは、気分が落ち込んでいる時や不安な時など、口に含むと香りが広がり、心身をリフレッ
シュして明るい気分にしてくれます。だから二日酔いの朝にもローズティーはおすすめです。
またバラのエキス「オイゲニン」の抗アレルギー作用が、最近研究発表され日本人に急増しているアレル
ギー疾患(アトピー性皮膚炎、花粉症など)に対し、有望な物質とされ注目されています。(アロマピアより)

*バラの湯ソルト採点*(★5個→満点)

使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:一袋を直接お風呂に入れるだけ!)

リラックス度: ★★★★  (コメント:気品あるローズの香りが魅力的。いつもより長く入っていたくなるような幸せな香り。心身の緊張もほぐしてくれます。)

天然度  : ★★★★ (コメント:天然の岩塩とハーブを使用。ただしローズオイルは香料です。)

■ハーブの湯ソルトで・・

馨しく美しいローズの華やかな香りには抜群のリラックス効果が!美肌作りにバラの湯でとても幸な気分で
眠りにつくのは請け合いです。バラの気品ある香りで贅沢気分に。別売のローズオイルを数的垂らしてはい
れば入浴が更に楽しくなり、ローズのバスソルトを併用すればお風呂で60分のセルフエステができちゃうかも!

:::湯船に入れるだけの簡単ハーブの湯。ローズの香りがとってもいい香りで幸せな入浴タイムが味わえます。
*殺菌効果で風邪・花粉にも効果的・ユーカリの湯ソルト*

<ユーカリの湯ソルト2パック入り>

Habuyu2 ■原産国: 原産国:イタリア
■原材料内容:岩塩・ユーカリ・ユーカリオイル
■ユーカリの湯ソルトについて・・・・お肌の引き締めや発刊作用のあるソルトと天然ハーブをブレンド。さらにオイルも配合しているので香りが一段と際立ちます。刻みハーブをメキシコキューブ岩塩にブレンドし100%ナチュラルオイルを香りづけしました。ハーブの湯ソルトは香りがとても良く、疲れた身体も癒され、リフレッシュします。バスタブにお湯を沸かす前から1袋いれ充分揉んで成分をお湯にしみだしておつかいください。頑張った日や嬉しい日、悲しい日には、心も癒されるバスタイムを。洗面器の熱めのお湯にハーブの湯を1袋いれ足浴や手浴にもご利用ください。別売のオイルを数的垂らしてバスタブにはいれば入浴が更に楽しくなり、バスソルトを併用すればお風呂で60分のセルフエステができちゃうかも!
岩塩・・・海底が地殻変動のため隆起するなどして海水が陸上に閉じ込められ、水分が蒸発して濃縮された結果、塩分が結晶化、更に地層中で圧縮されたものである。通常無色か白色に近い淡い色をしているが、ヒマラヤで産出する濃い紫色をしたルビーソルトや、アンデス山脈で産出するピンク色のローズソルトなども知られる。(Wikipedia)
数年前、塩マッサージがブームになりました。今も、塩のエステは健在で、リゾートで塩水浴、温泉に塩をおく、なども行なわれ、塩の入った入浴剤や化粧品もあります。塩マッサージや塩浴に関する記事や本がたくさん出ていますが、どの程度本当なのでしょうか。

塩浴の温熱効果
 塩の入った温泉は「熱の湯」といわれます。ポカポカ暖まる、湯冷めしない、抹消血管の血流が良くなる、などの効用があります。塩浴後の体温変化を見ると普通のお湯に入るのに比べて体温の低下が遅く、抹消血管の血流が良くなる結果を図に示しました。これは家庭用の風呂180リットルに大匙3倍(0.01%)で効果があることがわかります。
冷え性、肩こり、腰痛などには効果があります。末端血流の改善効果から、抜け毛が減る、痔に効果があるなどもいわれますが、試してみる価値はあります。ただしあまり大きな期待をしないで下さい。自然塩でないといけないという宣伝をよく見かけますが、どの塩でも効果は同じです。
濃い塩水では効果が大きいかという点は疑問です。死海のイメージのせいか非常の濃い塩水を使う例もあります。塩分濃度は、食塩泉0.1%以上、海水約3%、死海平均25%です。(塩の情報室より)
自然塩に含まれるミネラルは殺菌作用があり、脂肪代謝、新陳代謝を高める働きが。健康にも美容にも効果があるので、是非おススメ。

ユーカリ・・・
学名: Eucalyptus globulus
科名:フトモモ科
和名:ユーカリノキ
自生地:亜熱帯地方の高地
芳香のあるユーカリノキ属は、はがれやすい樹皮をもう500種類以上の高木、低木です。
有効成分:エラグ酸、セレン、マグネシウムなど
有用性:浄化剤
※飲料には注意が必要です。
ユーカリといえば、コアラやオーストラリアをイメージしてしまうほど有名な木ですが、この木はオーストラリアの先住民族アボリジニの伝統的な解熱剤として利用されていました。
19世紀に入りメルボルンの植物園長の手で西洋にもたらされたそうです。ユーカリノキは成長が早く、水分をよく吸収し、乾燥地でもよく繁る丈夫な樹で、高さが30~80mぐらいになり、なかには100mを超すものもあるそうです。オーストラリアに生えている木の60%以上がユーカリの木だそうで、種類も800種ぐらいあり、そのうち香料として利用されるのは、20種ぐらいです。
精油や医薬品として最もポピュラーなものは、グロブルス種で、他にシュタイゲリアナやスミシ、ディーベス、ラディアタ、レモンユーカリと呼ばれているシトリオドラなどの種があります。
どの精油も強力なパワーがあるので、妊娠中や乳幼児への使用は控えた方がよいオイルです。ただし、ラディアタ種だけは、子供に使っても安全な精油です。
またレモンユーカリ(シトリオドラ)だけは、性格や作用が異なり、レモングラスの様な香りでリフレッシュ効果を持っています。学名のユーカリ(Eucalyptus)は、花の形がふたをした井戸に似ていることから、ギリシャ語の「エウ(eu)」は「井戸・よく・美しく」の意味で、「カリュプトス(calyptus)」は「ふた・覆う」の意味で、井戸に落っこちないよう、ふたをしないといけないという教訓を広めるために、この花にユーカリと名づけられたようです。
医薬品としてもポピュラーで、とても殺菌力が強くオーストラリアから始めてイギリス本国にむけて輸出されたときは、消化器の病気を好転させる作用があったことから、シドニーペパーミントという名前で有名になったそうです。また中国では「アン(木へんに安と書きます)油」と呼ばれ薬用につかわれています。日本でも「日本薬局方」に収載されていて、消炎効果をねらったクリームなどに入っているので、そのツーンと来る香り(カンファー臭)は、どなたでもご存知なのではないでしょうか。(アロマピアより)
<ユーカリ・ユーカリオイルの効能>

葉から水蒸気蒸留で採取された精油は、あらゆるハーブ薬の中で最も殺菌力の強いものの1つで、たとえばユーカリグロブルスのパワーは2%に希釈したルームコロンでも、室内の70%のブドウ状球菌を死滅させることが可能なくらいです。
また抗ウィルス、免疫系の強化、呼吸器系の去痰作用を持ち、蒸気吸入すると、風邪の自然治療に役立ちます。
粘液を追い出す作用が強いので、精油やハーブを鼻づまりやのどの痛み、花粉症、ぜんそくのつらい症状を緩和するのに、芳香浴や蒸気吸入などで利用するのもよいでしょう。

清涼感のある香りで室内香に最適。爽やかですっきりした香りは集中して頑張りたい時にもってこいです。混ぜもののない手頃価格で人気のある弊社の純粋なオイル

*ユーカリの湯ソルト採点*(★5個→満点)

使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:一袋を直接お風呂に入れるだけ!)
リフレッシュ度: ★★★★★  (コメント:殺菌作用があるので、風邪や花粉の時期にぴったりの入浴剤。)
天然度  : ★★★★★ (コメント:天然の岩塩とハーブを使用。ユーカリオイルも100%ナチュラルなものを使用。ただし飲食用ではありませんのでご注意下さい。)

Yu ■ハーブの湯ソルトで・・
ユーカリの香りは気分を元気にしてくれます。適度な油分で肌がつるつるしてつやがでますのでおやすみ前の入浴に最適!気分を穏やかにし、心地よい眠りを誘います。別売のオレンジのオイルを数的垂らしてバスタブにはいれば入浴が更に楽しくなり、
:::湯船に入れるだけの簡単ハーブの湯。殺菌・抗菌のユーカリ。風邪・花粉の季節にも
:::
*冷え性・風邪予防・美肌に・ゆずの湯ソルト*
今日はハーブの湯ソルトの紹介をしたいと思います。今日紹介するのはゆずの湯ソルトです。

<ゆずの湯ソルト2パック入り>

Habuyu2 ■原産国: イタリア・日本
■原材料内容:岩塩・柚子
■ゆずの湯ソルトについて・・・・お肌の引き締めや発刊作用のあるソルトと天然ハーブをブレンド。さらにオイルも配合しているので香りが一段と際立ちます。刻みハーブをメキシコキューブ岩塩にブレンドし100%ナチュラルオイルを香りづけしました。ハーブの湯ソルトは香りがとても良く、疲れた身体も癒され、リフレッシュします。バスタブにお湯を沸かす前から1袋いれ充分揉んで成分をお湯にしみだしておつかいください。頑張った日や嬉しい日、悲しい日には、心も癒されるバスタイムを。洗面器の熱めのお湯にハーブの湯を1袋いれ足浴や手浴にもご利用ください。別売のオイルを数的垂らしてバスタブにはいれば入浴が更に楽しくなり、バスソルトを併用すればお風呂で60分のセルフエステができちゃうかも!
岩塩・・・海底が地殻変動のため隆起するなどして海水が陸上に閉じ込められ、水分が蒸発して濃縮された結果、塩分が結晶化、更に地層中で圧縮されたものである。通常無色か白色に近い淡い色をしているが、ヒマラヤで産出する濃い紫色をしたルビーソルトや、アンデス山脈で産出するピンク色のローズソルトなども知られる。(Wikipedia)
数年前、塩マッサージがブームになりました。今も、塩のエステは健在で、リゾートで塩水浴、温泉に塩をおく、なども行なわれ、塩の入った入浴剤や化粧品もあります。塩マッサージや塩浴に関する記事や本がたくさん出ていますが、どの程度本当なのでしょうか。

塩浴の温熱効果
 塩の入った温泉は「熱の湯」といわれます。ポカポカ暖まる、湯冷めしない、抹消血管の血流が良くなる、などの効用があります。塩浴後の体温変化を見ると普通のお湯に入るのに比べて体温の低下が遅く、抹消血管の血流が良くなる結果を図に示しました。これは家庭用の風呂180リットルに大匙3倍(0.01%)で効果があることがわかります。
冷え性、肩こり、腰痛などには効果があります。末端血流の改善効果から、抜け毛が減る、痔に効果があるなどもいわれますが、試してみる価値はあります。ただしあまり大きな期待をしないで下さい。自然塩でないといけないという宣伝をよく見かけますが、どの塩でも効果は同じです。
濃い塩水では効果が大きいかという点は疑問です。死海のイメージのせいか非常の濃い塩水を使う例もあります。塩分濃度は、食塩泉0.1%以上、海水約3%、死海平均25%です。(塩の情報室より)
自然塩に含まれるミネラルは殺菌作用があり、脂肪代謝、新陳代謝を高める働きが。健康にも美容にも効果があるので、是非おススメ。

ゆず・・・
ミカン科ミカン属。ミカン類の中では最も寒さに強く、東北地方でも栽培が可能です。実生(接木をしない状態)だと、 実をつけるのに15年もかかりますが、そのかわり寿命が長く病気にも強い木です。果実は130g前後で凸凹の多い、 いわゆるユズ肌をしています。中国長江上流域の原産です。日本には奈良時代か飛鳥時代に渡来したと言われています。
柚子は昔から風邪予防に最適といわれています。冬至にはゆず風呂に入った経験もある方もいるのではないかと思います。
柚子の香りと成分により、ゆずの栄養分を吸収して、体中がぽかぽかとカラダの芯まで温まりますよね。
食する以外にもゆずは風邪を予防してくれる果物なんですね。柚子の効能なんですが、ゆずに含まれるクエン酸、酒石酸、
リンゴ酸などの有機酸類は疲労回復、肩こり、筋肉痛を予防する働きがあります。
ゆず湯に入るのは、からだにとてもいいことです。ゆずの香りの素である精油成分のシトラール、リモネンなどの物質が血行促進や新陳代謝を助けます。
また、ゆず特有の精油成分である、ノミリンは殺菌作用があり、風邪にも効果があります。さらにノミリンには保温作用もあります。
ちなみに、冬至にゆず湯に入るのは、ゆず湯には「邪気を払い、健康を守る」とされていたという説もあります。
<入浴のゆずの効能>冷え性・風邪予防・美肌
*ゆずの湯ソルト採点*(★5個→満点)

使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:一袋を直接お風呂に入れるだけ!)
リフレッシュ度: ★★★★★  (コメント:爽やかな香りで気持ちも元気になれます。)
天然度  : ★★★★★ (コメント:天然の岩塩とハーブを使用しています。ただし飲食用ではありませんのでご注意下さい。)

Yu ■ハーブの湯ソルトで・・
ゆずの香りは気分を元気にしてくれます。適度な油分で肌がつるつるしてつやがでますのでおやすみ前の入浴に最適!気分を穏やかにし、心地よい眠りを誘います。
:::湯船に入れるだけの簡単ハーブの湯。:::
*女性に優しいハーブをブレンド・紅花&ディルの湯ソルト*
今日はハーブの湯ソルトの紹介をしたいと思います。今日紹介するのは紅花&ディルの湯ソルトです。

<紅花&ディルの湯ソルト2パック入り>

Habuyu2 ■原産国: イタリア・中国
■原材料内容:岩塩・紅花・ディル
■紅花&ディルの湯ソルトについて・・・・お肌の引き締めや発刊作用のあるソルトと天然ハーブをブレンド。さらにオイルも配合しているので香りが一段と際立ちます。刻みハーブをメキシコキューブ岩塩にブレンドし100%ナチュラルオイルを香りづけしました。ハーブの湯ソルトは香りがとても良く、疲れた身体も癒され、リフレッシュします。バスタブにお湯を沸かす前から1袋いれ充分揉んで成分をお湯にしみだしておつかいください。頑張った日や嬉しい日、悲しい日には、心も癒されるバスタイムを。洗面器の熱めのお湯にハーブの湯を1袋いれ足浴や手浴にもご利用ください。別売のオイルを数的垂らしてバスタブにはいれば入浴が更に楽しくなり、バスソルトを併用すればお風呂で60分のセルフエステができちゃうかも!
岩塩・・・海底が地殻変動のため隆起するなどして海水が陸上に閉じ込められ、水分が蒸発して濃縮された結果、塩分が結晶化、更に地層中で圧縮されたものである。通常無色か白色に近い淡い色をしているが、ヒマラヤで産出する濃い紫色をしたルビーソルトや、アンデス山脈で産出するピンク色のローズソルトなども知られる。(Wikipedia)
数年前、塩マッサージがブームになりました。今も、塩のエステは健在で、リゾートで塩水浴、温泉に塩をおく、なども行なわれ、塩の入った入浴剤や化粧品もあります。塩マッサージや塩浴に関する記事や本がたくさん出ていますが、どの程度本当なのでしょうか。

塩浴の温熱効果
 塩の入った温泉は「熱の湯」といわれます。ポカポカ暖まる、湯冷めしない、抹消血管の血流が良くなる、などの効用があります。塩浴後の体温変化を見ると普通のお湯に入るのに比べて体温の低下が遅く、抹消血管の血流が良くなる結果を図に示しました。これは家庭用の風呂180リットルに大匙3倍(0.01%)で効果があることがわかります。
冷え性、肩こり、腰痛などには効果があります。末端血流の改善効果から、抜け毛が減る、痔に効果があるなどもいわれますが、試してみる価値はあります。ただしあまり大きな期待をしないで下さい。自然塩でないといけないという宣伝をよく見かけますが、どの塩でも効果は同じです。
濃い塩水では効果が大きいかという点は疑問です。死海のイメージのせいか非常の濃い塩水を使う例もあります。塩分濃度は、食塩泉0.1%以上、海水約3%、死海平均25%です。(塩の情報室より)
自然塩に含まれるミネラルは殺菌作用があり、脂肪代謝、新陳代謝を高める働きが。健康にも美容にも効果があるので、是非おススメ。

紅花・・

紅花はキク科ベニバナ属の花でアザミによく似たトゲのある花です。古くは末摘花、紅藍、久礼奈為(クレナイ)などとも呼ばれていました。原産地はエジプト、地中海沿岸からシルクロードを経路に日本に飛鳥時代に入ってきました。紅花の花の色は黄色をしています。黄色の紅花が何故紅色になるのか? 紅花を紅色するには紅花を摘んだあと、水にさらして乾燥させる肯定を何度も繰り返すことによって紅色になります。

ハーブティーとしての効能は、血液の流れをよくし、生理痛や生理不順など婦人科系の症状を緩和してくれるなど、女性にオススメのハーブ。中国では、「血を動かす薬草」として使われています。そのため冷え性にも効果があります。

染料に使われてきたお花ですが、実はビタミンEやリノール酸が豊富で血流を良くする働きがあるので入浴剤としてはもってこいのハーブです。

ディル・・
セリ科イノンド属
dill(英) aneth(仏) Dill(独) イノンド(和)
原産地 インド、イラン、西アジア、地中海周辺

古代エジプトの時代より薬草として使われていたハーブ。
鎮静効果があると言われ、「なだめる」という意味のDillaの語源から来ている。

糸のような葉を持ち、夏には黄色の花を咲かせる。生のままで使う葉は若いうちに収穫し、種は乾燥させて使う。
ピクルスなどに使われることが多く、葉はマイルドで種は強い香りがつく。

ピリッとしたスパイシーな感じに少し甘みを感じるのが特徴で現在ではドイツや北欧などでよく使われている。
葉は魚との相性が特に良いが肉類や味の濃いものにはあまり使われない。
魚のオーブン焼きや肉料理で使うときは葉よりも香りが強いディルシードといわれる種の方を使うとよい。(野菜果物辞典より)
効能は鎮静作用が有名です。ほか催眠効果
*よもぎ&ルイボスの湯ソルト採点*(★5個→満点)

使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:一袋を直接お風呂に入れるだけ!)
リラックス度: ★★★★★  (コメント:血行を良くし、安眠できるハーブをブレンド。女性にオススメです。)
天然度  : ★★★★★ (コメント:天然の岩塩とハーブを使用しています。ただし飲食用ではありませんのでご注意下さい。)

Yu ■ハーブの湯ソルトで・・
疲れた体を癒し、血行を良くします。適度な油分で肌がつるつるしてつやがでますのでおやすみ前の入浴に最適!気分を穏やかにし、心地よい眠りを誘います。
:::湯船に入れるだけの簡単ハーブの湯。:::
*女性に優しいハーブをブレンド・紅花&ディルの湯ソルト*
今日はハーブの湯ソルトの紹介をしたいと思います。今日紹介するのは紅花&ディルの湯ソルトです。

<紅花&ディルの湯ソルト2パック入り>

Habuyu2 ■原産国: イタリア・中国
■原材料内容:岩塩・紅花・ディル
■紅花&ディルの湯ソルトについて・・・・お肌の引き締めや発刊作用のあるソルトと天然ハーブをブレンド。さらにオイルも配合しているので香りが一段と際立ちます。刻みハーブをメキシコキューブ岩塩にブレンドし100%ナチュラルオイルを香りづけしました。ハーブの湯ソルトは香りがとても良く、疲れた身体も癒され、リフレッシュします。バスタブにお湯を沸かす前から1袋いれ充分揉んで成分をお湯にしみだしておつかいください。頑張った日や嬉しい日、悲しい日には、心も癒されるバスタイムを。洗面器の熱めのお湯にハーブの湯を1袋いれ足浴や手浴にもご利用ください。別売のオイルを数的垂らしてバスタブにはいれば入浴が更に楽しくなり、バスソルトを併用すればお風呂で60分のセルフエステができちゃうかも!
岩塩・・・海底が地殻変動のため隆起するなどして海水が陸上に閉じ込められ、水分が蒸発して濃縮された結果、塩分が結晶化、更に地層中で圧縮されたものである。通常無色か白色に近い淡い色をしているが、ヒマラヤで産出する濃い紫色をしたルビーソルトや、アンデス山脈で産出するピンク色のローズソルトなども知られる。(Wikipedia)
数年前、塩マッサージがブームになりました。今も、塩のエステは健在で、リゾートで塩水浴、温泉に塩をおく、なども行なわれ、塩の入った入浴剤や化粧品もあります。塩マッサージや塩浴に関する記事や本がたくさん出ていますが、どの程度本当なのでしょうか。

塩浴の温熱効果
 塩の入った温泉は「熱の湯」といわれます。ポカポカ暖まる、湯冷めしない、抹消血管の血流が良くなる、などの効用があります。塩浴後の体温変化を見ると普通のお湯に入るのに比べて体温の低下が遅く、抹消血管の血流が良くなる結果を図に示しました。これは家庭用の風呂180リットルに大匙3倍(0.01%)で効果があることがわかります。
冷え性、肩こり、腰痛などには効果があります。末端血流の改善効果から、抜け毛が減る、痔に効果があるなどもいわれますが、試してみる価値はあります。ただしあまり大きな期待をしないで下さい。自然塩でないといけないという宣伝をよく見かけますが、どの塩でも効果は同じです。
濃い塩水では効果が大きいかという点は疑問です。死海のイメージのせいか非常の濃い塩水を使う例もあります。塩分濃度は、食塩泉0.1%以上、海水約3%、死海平均25%です。(塩の情報室より)
自然塩に含まれるミネラルは殺菌作用があり、脂肪代謝、新陳代謝を高める働きが。健康にも美容にも効果があるので、是非おススメ。

紅花・・

紅花はキク科ベニバナ属の花でアザミによく似たトゲのある花です。古くは末摘花、紅藍、久礼奈為(クレナイ)などとも呼ばれていました。原産地はエジプト、地中海沿岸からシルクロードを経路に日本に飛鳥時代に入ってきました。紅花の花の色は黄色をしています。黄色の紅花が何故紅色になるのか? 紅花を紅色するには紅花を摘んだあと、水にさらして乾燥させる肯定を何度も繰り返すことによって紅色になります。

ハーブティーとしての効能は、血液の流れをよくし、生理痛や生理不順など婦人科系の症状を緩和してくれるなど、女性にオススメのハーブ。中国では、「血を動かす薬草」として使われています。そのため冷え性にも効果があります。

染料に使われてきたお花ですが、実はビタミンEやリノール酸が豊富で血流を良くする働きがあるので入浴剤としてはもってこいのハーブです。

ディル・・
セリ科イノンド属
dill(英) aneth(仏) Dill(独) イノンド(和)
原産地 インド、イラン、西アジア、地中海周辺

古代エジプトの時代より薬草として使われていたハーブ。
鎮静効果があると言われ、「なだめる」という意味のDillaの語源から来ている。

糸のような葉を持ち、夏には黄色の花を咲かせる。生のままで使う葉は若いうちに収穫し、種は乾燥させて使う。
ピクルスなどに使われることが多く、葉はマイルドで種は強い香りがつく。

ピリッとしたスパイシーな感じに少し甘みを感じるのが特徴で現在ではドイツや北欧などでよく使われている。
葉は魚との相性が特に良いが肉類や味の濃いものにはあまり使われない。
魚のオーブン焼きや肉料理で使うときは葉よりも香りが強いディルシードといわれる種の方を使うとよい。(野菜果物辞典より)
効能は鎮静作用が有名です。ほか催眠効果
*よもぎ&ルイボスの湯ソルト採点*(★5個→満点)

使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:一袋を直接お風呂に入れるだけ!)
リラックス度: ★★★★★  (コメント:血行を良くし、安眠できるハーブをブレンド。女性にオススメです。)
天然度  : ★★★★★ (コメント:天然の岩塩とハーブを使用しています。ただし飲食用ではありませんのでご注意下さい。)

Yu ■ハーブの湯ソルトで・・
疲れた体を癒し、血行を良くします。適度な油分で肌がつるつるしてつやがでますのでおやすみ前の入浴に最適!気分を穏やかにし、心地よい眠りを誘います。
:::湯船に入れるだけの簡単ハーブの湯。:::
*健康にも良い・よもぎ&ルイボスの湯ソルト*
今日はハーブの湯ソルトの紹介をしたいと思います。今日紹介するのはよもぎ&ルイボスの湯ソルトです。

<よもぎ&ルイボスの湯ソルト2パック入り>

Habuyu2 ■原産国: イタリア・中国
■原材料内容:岩塩・よもぎ・ルイボス
■よもぎ&ルイボスの湯ソルトについて・・・・お肌の引き締めや発刊作用のあるソルトと天然ハーブをブレンド。さらにオイルも配合しているので香りが一段と際立ちます。刻みハーブをメキシコキューブ岩塩にブレンドし100%ナチュラルオイルを香りづけしました。ハーブの湯ソルトは香りがとても良く、疲れた身体も癒され、リフレッシュします。バスタブにお湯を沸かす前から1袋いれ充分揉んで成分をお湯にしみだしておつかいください。頑張った日や嬉しい日、悲しい日には、心も癒されるバスタイムを。洗面器の熱めのお湯にハーブの湯を1袋いれ足浴や手浴にもご利用ください。別売のオイルを数的垂らしてバスタブにはいれば入浴が更に楽しくなり、バスソルトを併用すればお風呂で60分のセルフエステができちゃうかも!
岩塩・・・海底が地殻変動のため隆起するなどして海水が陸上に閉じ込められ、水分が蒸発して濃縮された結果、塩分が結晶化、更に地層中で圧縮されたものである。通常無色か白色に近い淡い色をしているが、ヒマラヤで産出する濃い紫色をしたルビーソルトや、アンデス山脈で産出するピンク色のローズソルトなども知られる。(Wikipedia)
数年前、塩マッサージがブームになりました。今も、塩のエステは健在で、リゾートで塩水浴、温泉に塩をおく、なども行なわれ、塩の入った入浴剤や化粧品もあります。塩マッサージや塩浴に関する記事や本がたくさん出ていますが、どの程度本当なのでしょうか。

塩浴の温熱効果
 塩の入った温泉は「熱の湯」といわれます。ポカポカ暖まる、湯冷めしない、抹消血管の血流が良くなる、などの効用があります。塩浴後の体温変化を見ると普通のお湯に入るのに比べて体温の低下が遅く、抹消血管の血流が良くなる結果を図に示しました。これは家庭用の風呂180リットルに大匙3倍(0.01%)で効果があることがわかります。
冷え性、肩こり、腰痛などには効果があります。末端血流の改善効果から、抜け毛が減る、痔に効果があるなどもいわれますが、試してみる価値はあります。ただしあまり大きな期待をしないで下さい。自然塩でないといけないという宣伝をよく見かけますが、どの塩でも効果は同じです。
濃い塩水では効果が大きいかという点は疑問です。死海のイメージのせいか非常の濃い塩水を使う例もあります。塩分濃度は、食塩泉0.1%以上、海水約3%、死海平均25%です。(塩の情報室より)
自然塩に含まれるミネラルは殺菌作用があり、脂肪代謝、新陳代謝を高める働きが。健康にも美容にも効果があるので、是非おススメ。

よもぎ・・
ヨモギとは、タンポポと同じキク科の多年草。草餅やよもぎ団子などにも利用されているなじみ深い植物です。 ヨモギの精油成分であるシネオールやアルファーツヨシなどには温熱効果があります。 タンポポは乳液を含みますが、よもぎは精油を含みます。よもぎ独特の香りは精油によるものです。日本中に自生し、草餅にして食したり入浴剤にしたりと、最も身近な薬草として親しまれてきました。
 お風呂の入浴剤として使用すれば肩こり・疲労回復・冷え性・腰痛・リウマチ・痔・あせも・ひび・あかぎれなど様々な効能があります。薬草として、殺菌、保湿、食欲増進、胆汁分泌促進、止血などの作用があります。
ヨモギには多糖類、酵素、ビタミン、ミネラル類が含まれており、その中でもビタミンAの含有量が多い。ビタミンAは強い抗酸化力があり、活性酸素から体を守り、老化防止やガンの予防にも効果があるとされています。また、腰痛、生理痛、筋肉痛、神経痛などの鎮痛作用、気管支炎や貧血、止血作用など、さまざまな薬効があるとされています。
ルイボス・・
ルイボスは、南アフリカのセダルバーグ山脈一帯のミネラル豊富な土壌に自生する針状の葉を持つ植物です。学名を「アスパラサス・リネアリス」といい、分類学上はマメ科の植物ですので厳密にはお茶ではありません。乾燥すると葉が赤茶色になることから「ルイボス」(現地語で赤い藪という意味)と呼ばれていました。 ルイボス茶はもともと南アフリカの先住民が「不老長寿の飲み物」として飲んでいたものです。
このお茶の歴史は古く、18世紀にはすでに先住民は、山野に自生するアスパラサス・リネアリス(asparathus linearis)という植物の葉を酵素発酵させた後、天日乾燥して仕上げる方法でお茶を作って飲んでいたといわれています。
赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲んでいただけるルイボスは、入浴用としてはアトピーの方に効果的とされています。※ただし、岩塩をブレンドしていますので、不安な方はご使用を避けて下さい。
弊社のお茶で、ルイボスティーを使った「アレルギーが気になる人のお茶」があります。こちらを飲んでいただき、飲み終わった茶葉をティーバッグに入ったままお風呂にいれたら一石二鳥かもしれません♪
*よもぎ&ルイボスの湯ソルト採点*(★5個→満点)

使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:一袋を直接お風呂に入れるだけ!)
リフレッシュ度: ★★★★★  (コメント:体の疲れが取れ、健康にも良い入浴剤としてお使いいだだけますのでオススメです。)
天然度  : ★★★★★ (コメント:天然の岩塩とハーブを使用しています。ただし飲食用ではありませんのでご注意下さい。)

Yu ■ハーブの湯ソルトで・・
疲れた体を癒し、健康に。適度な油分で肌がつるつるしてつやがでますのでおやすみ前の入浴に最適!気分を穏やかにし、心地よい眠りを誘います。
:::湯船に入れるだけの簡単ハーブの湯。:::